科学を楽しむ木の遊び具・おもちゃ
ちゆう工房
        CHIYOU-WOODWORK
トップページ 作品 簡易工作 関連伝承玩具 プロフィール お問い合わせ

         関連伝承玩具(1)

1.「きつつき」

支柱に通す穴(支柱とは少しアソビがある )の開いた部分と錘となる『きつつき』をバネなどでつないでいます。この穴を支柱に通し、『きつつき』を軽く押すと振動して、くちばしで支柱をコツコツたたきながら降りていきます。

動きのしくみ

①ストッパーの穴を支柱に通すと錘で傾き、支柱に触れて止まります。ここで錘を軽く押すと、支柱を支点として、バネの弾性で跳ね上がります。
②錘が上に振れると、ストッパーが支柱に当たって跳ね戻るか、途中から重力で下がります。
③錘が上下にゆれるとき、支柱と穴が平行になる(通常は錘が上から下に振れるとき)と少し落ちて、この落下エネルギーで①~③が繰り返されます(自励振動)。

   「きつつき」                   動きのしくみ

                 


参考
戸田:「おもちゃの科学(1)」 日本評論社 (1995)
   


                                                                  関連伝承玩具へもどる